第9回生物資源学研究科オープンラボ
「コロナ禍をこえる生物資源学研究科の地域貢献」が開催されます。

1.日 時 2020年12月25日(金)13:00~16:50(受付12:30~)
2.場 所 三重大学生物資源学部(2階 大講義室)+ZOOMでの配信
3.主 催 三重大学大学院生物資源学研究科
4.協 力 株式会社三重ティーエルオー
5.対 象 関連の企業・団体、一般の方
6.プログラム

13:00- 開会挨拶(生物資源学研究科の地域貢献活動)奥村 克純 研究科長

13:15- 「三重県と三重大学の連携による地域貢献活動」三重県農山漁村づくり課 伊藤隆幸 課長

13:30- 「生産者に学び生産者に還す:コロナ禍にも強い新しい農学教育の形」関谷信人 教授

14:15- 「授業と実習で身につけた測量技術で被災からの復旧に貢献する」伊藤良栄 助教

~休憩(10分)~

15:15- 生物資源学研究科教員の地域貢献活動紹介(対象:三重大学地域貢献活動支援事業採択者)

「三重テレビ局や気象予報士との協働による三重の「気象力」向上プロジェクト」立花義裕 教授

「体感!実感!三重の自然!~自然環境リテラシー学による地域の自然環境人材育成事業~」坂本竜彦教授、山本康介研究員

「大内山に生息する放流アユ比率の時間変化」金岩 稔 准教授

15:45- 学生の地域貢献活動

「津市栗真町屋町地区における耕作放棄地解消のための産学官連携プロジェクトの推進」博士前期課程2年 山川拳志郎

「生産者と学生が協働で作り出す新しい稲作経営のかたち」関谷信人 教授、中島 亨 准教授

16:00- パネルディスカッション

コロナ禍をこえる新たな地域貢献のありかた モデレーター 酒井俊典 副研究科長

参加申込期限 12月18日(金)までにお願いいたします。

【詳細・申込URL】http://www.bio.mie-u.ac.jp/cate/news/post-284.html

【お問い合わせ】三重大学生物資源学研究科チーム
総務担当 研究イベント関連 羽津本 ゆかり
〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577
TEL 059-231-9622(外線直通)(内線:9622)
E-mail:renkei@bio.mie-u.ac.jp